歴史

群青戦記と真・群青戦記のつながりを考察※前作とつながりは?時系列を考える

群青戦記1巻

真・群青戦記が3巻まで進みました。

ネタバレになりますが、3巻の最後に、群青戦記でキーマンとなった不破が登場。
また、前作に登場した武田勝頼が史実より4年早く討たれたとの報せが届きました。

真・群青戦記は、群青戦記の第2部の位置づけです。

前作のキャラが登場したことで、気になるつながりと時系列を考察しました。

群青戦記、真・群青戦記のストーリー上のネタバレが多く含まれるので、読んだ方限定で見てください。

群青戦記の歴史、時系列※ネタバレあり

群青戦記は、滋賀県のスポーツ強豪校の星徳高校がタイムスリップする話です。

劇中で、タイムスリップした年代は、1576~1582年の安土桃山時代とされています。

具体的に史実と漫画の時間が一致するのが甲州征伐です。

1582年2月3日~3月11日まで、織田信長が徳川家康、北条氏政と組み、信玄が死亡し、長篠の戦い以後、勢いが衰えた武田を攻め、頭領の武田勝頼を討ち取った戦いです。

群青戦記でも、この戦いは描かれていて、主人公の西野蒼が、仮想本能寺の変として、戦に参加します。

そして、1582年6月21日の本能寺の変へと進みます。

群青戦記では、現代へ戻るために、歴史の間違いを修正することが必要なため、本能寺の変を、主人公の手で起こす必要がありました。

そして、最後、1600年の関ヶ原の戦いも描かれて幕を閉じます。

真・群青戦記の歴史、時系列※3巻までのネタバレあり

真・群青戦記は、長野県の拘置所がタイムスリップし、真田信之、幸村、昌幸などの真田家の面々と出会うストーリーです。

タイムスリップした年代は、死刑囚の久能が、1575~1578年の安土桃山時代だろうと推測していました。

そして、3巻。

主人公のミチロウらが砥石城で、真田家と話をしているときに、一方が届きます。

武田勝頼が討たれたと・・・

しかし、史実より4年早いということです。

4年早いということは、1578年ということです。

そして、前作において、タイムスリップを知り、明智光秀らを操った不破が登場します。

群青戦記と真・群青戦記のつながりを考察

群青戦記と真・群青戦記の主人公は出会うのか?

不破が登場したことで、改めて、真・群青戦記が、群青戦記とつながりがある第2部であることが分ります。

そこは、前作からのファンの私にはうれしいことなのですが、時系列が不思議です。

第1部では、タイムスリップした年代は、1582年の本能寺の変まで、長く経っていないと思われます。

第2部では、3巻の時点で1578年です。

並行世界とかマルチバース的な考え方で、別次元の話なら、第1部と第2部の人物は出会いません。

でも、もし同じ時間を過ごすなら、第2部から数年後に、1部の主人公達と出会ってもおかしくはありません。

徳川家と真田家なら、大坂の陣が描かれる?

また、第1部は徳川家、第2部は真田家というのも興味深いです。

徳川にとって、真田は、嫌な相手です。

三方ヶ原の戦いで負け、1585年第一次上田合戦、1600年第二次上田合戦も共に惨敗。
※第二次上田合戦では、徳川秀忠を真田昌幸が足止めし、秀忠の軍は、関ヶ原に参戦できていません。

そして、大坂冬の陣、夏の陣では、真田幸村が真田丸を作るなど活躍、「日本一の兵(つわもの)」と呼ばれました。

徳川軍が本陣まで攻められたのは、三方ヶ原の戦いと大坂夏の陣の2回で、ともに真田が関わっていたそうです。

弁丸こと真田幸村が、第2部の主人公のミチロウと強いつながりを持っていることを考えると、劇中でも、大坂冬の陣、夏の陣が描かれそうな感じです。

そうなると、第1部の主人公と、第2部の主人公が戦うのか?と思ってしまいますね。

真・群青戦記では歴史は変わるのか?

第1部の群青戦記では、現代に戻るために歴史の修正が必要でした。

ただ、第2部では、甲州征伐が4年早いなど、すでに歴史が変わっています。

第1部の理屈では、歴史が変わると現代に戻れません。

第2部の主人公、囚人たちは、現代に戻ることができないのでしょうか?

荒業(あらわざ)をすれば?とも思いますが、そこはこれからですね。

まとめ:いろいろ考えたけど、続きを楽しみたい

自分の頭の中をまとめる意味もあり、真・群青戦記と群青戦記のつながりを考察しました。

辻褄や理屈で考えてしまっています。

でも、第1部と第2部の主人公が、もし出会えばワクワクするなとも思います。

作者の笠原真樹先生が、どのようにストーリーを展開されるのか楽しみです。

群青戦記が好きなので、続きを楽しみに待ちたいと思います。

群青戦記をまだ読んでいない人はぜひ読んでください。

歴史が好きな人は、ハマると思います。

電子書籍なら1巻無料の場合もあるので、DMMブックスなどをクリックして確認して見てください。

電子書籍で安く読む!

電子書籍で安く読むなら、初回登録で100冊まで半額のAbemaマンガがオトクです。
→Amebaマンガの公式サイトを見る

真・群青戦記1巻の感想
真・群青戦記1巻の感想※第2部スタート!今後は拘置所が舞台、真田家が登場映画化もされた群青戦記の続編、第2部です。 前作の群青戦記 第1部では、「戦国武将 VS 高校生アスリート」をテーマに、高校生がタ...
50%OFF・ポイント還元

Amebaまんが-100冊半額クーポン

honto-50%OFFクーポン

BOOK☆WALKER-50%ポイント還元