ギャンブル

賭ケグルイに登場する百喰一族(ももばみいちぞく)まとめ

賭ケグルイ7巻

賭ケグルイに登場する百喰一族(ももばみいちぞく)について、登場人物をまとめました。

百喰一族は、映画「賭ケグルイ 絶対絶命ロシアンルーレット」の最後に登場しました。

漫画原作でも、7巻以降の生徒会長選挙は、生徒会長 桃喰綺羅莉(ももばみきらり)の桃喰家を筆頭とした一族の争いとなっています。

ちなみに主人公の蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)も、百喰一族です。

実写ドラマの登場もありそうな百喰一族についてまとめました。

百喰一族とは

本家の桃喰家と多数の分家で構成される一族です。

桃喰(ももばみ)とは百喰(ももばみ)のこと。

百喰一族には、それぞれ稼業が存在、それを利用して、ギャンブルを進めます。

百喰一族は、権力を欲します。

2年前に桃喰の家督を相続した綺羅莉は、政財界の子息が入学する百花王学園に目をつけ、生徒会長になります。

学園の競争原理として、ギャンブルを導入、人間関係や貸金借金を一元管理することで、政財界への影響力を持ちます。

百喰一族は、実質、日本の権力を掌握している一族になります。

綺羅莉の一声で始まった生徒会長選挙は、百花王学園の生徒全員が候補者ですが、実質、百喰一族の家督争いです。

分家が本家を喰うのか?

日本の権力をどこが握るのかの争いとなります。

百喰一族の稼業

百喰一族の稼業をまとめました。

桃喰家不明
蛇喰家不明
蟲喰家拷問
陰喰家製薬(毒)
陽喰家製薬(薬)
等々喰家調整
骨喰家掃除
尾喰家詐欺
和楽喰家芸能
狛喰家不明

百喰一族の人々

桃喰綺羅莉(ももばみきらり)

百花王学園の第105代生徒会長であり、百喰一族の本家、桃喰家の当主です。

学園には高等部から編入し、1年生の時に前の生徒会長をギャンブルで倒し生徒会長になりました。

会長となった後は、家畜制度、上納金などの中央集権的な仕組みを作り上げました。

今は3年生で、夢子より一つ上の年齢です。

彼女にとっては、百花王学園は、彼女の水槽(アクアリウム)。

生徒会長選挙も彼女にとっては、遊びの一つかもしれません。

桃喰リリカ(ももばみりりか)

生徒会の副会長かつ、桃喰綺羅莉の双子の姉です。

まったく同じ顔をもつ二人ですが、性格は、リリカの方が少し控えめ。

綺羅莉の影武者のように生き、自分の意思が何かわからないような向きもあります。

生徒会長選挙では、早乙女芽亜里と共闘。

自分の意思が見えそうです。

蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)

賭ケグルイの主人公かつ、本当の意味でのギャンブル狂いの夢子も、百喰一族です。

2年生で百花王学園の華組に転入してきました。

活躍は、漫画を読めば分かる通りです。

過去は謎。

両親は他界していて、家族は大学の特別病棟に長期入院中の姉が一人いるだけとのこと。

多額の資産を保有しているようです。

あともう一つ、14巻での等々喰定楽乃の言葉が気になります。

蛇喰を殺したのは綺羅莉なのに

夢子の過去が気になります。

蟲喰恵利美(むしばみえりみ)

ゴスロリの服を着る彼女。

蟲喰家の稼業は拷問なので、7巻のギャンブル指切りギロチンでは、冷酷な発言で相手を威嚇します。

ただ、性格は未熟で、いもむしのぬいぐるみや、スマホケースを持っていたり、可愛いところもあり。

一族では愛されキャラらしく、和楽喰淑光にいっぱいプレゼントをもらったりもしています。

あと、7巻のラスト収録のおまけ漫画「がんばれ妄ちゃん」では、指切りギロチンで一緒に戦った妄に何か感じるらしく、取り入ろうともしています。

12巻の大集約、じゃんけんポーカーにも登場します。

陰喰三欲(いんばみみよ)

西洞院百合子と同じ糸目の三欲。

稼業は製薬で、陰喰家は毒を扱います。

目的のためには手段を択ばない彼女。

ギャンブルを下にみて、毒という暴力で戦います。

8巻では、夢子・鈴井ペアとギャンブルは二ム零式で勝負。

12巻では、早乙女芽亜里と、じゃんけんポーカーで再選します。

ギャンブルに暴力で挑む悪い女ですが、理由もあるようです。

陽喰三理(ようばみみり)

三欲といつも一緒にいる妹的?存在。

稼業は製薬で、陽喰家は薬を扱います。

8巻では、ニム零式に三欲と一緒に参戦。

12巻では、ギャンブルはしないものの、三欲の窮地を助けます。

陰喰家と陽喰家は、同じ製薬を家業とするも、相反する目的から反発する間柄。

二人は、その関係を引き裂かれました。

その関係がゆえに行う行動がエモいところです。

等々喰定楽乃(ととばみてらの)

脚が悪く車椅子に乗っている彼女。

ユミに世話をしてもらっているが、分家を仕切る有力者で、綺羅莉に強い反発があります。

稼業は調整。

一族で揉め事が起きた場合、それを預かって、調整し、全てがうまくいく方法を選ぶ。

各自の欲求を見極め、望む結果を「調整」するのです。

生徒会長選挙では、皇伊月(すめらぎいつき)・夢子・豆生田楓(まにゅうだかえで)・骨喰ミラスラーヴァ・尾喰茨の5人で争うギャンブル公共財ゲームの胴元として登場。

ほかにも色々なゲームの胴元、黒幕で暗躍。

14巻では、ギャンブル 双頭蓮館で、夢子と戦います。

ギャンブルの腕もそうですが、何を調整しようとしているのかが気になりますね。

賭ケグルイ14巻の感想
賭ケグルイ14巻の感想※調整する等々喰定楽乃の戦略とは賭ケグルイの14巻の感想です。 2021年5月には、オリジナル映画も公開される賭ケグルイ、原作の漫画もずっと面白いです。 最...

等々喰ユミ(ととばみユミ)

車椅子の定楽乃にいつも付き添っているのが彼女です。

姉ですが、定楽乃とは血はつながっていません。

定楽乃のために生きている部分もありますが、信頼は抜群です。

骨喰ミラスラーヴァ

ハーフっぽい外見の彼女。

稼業は掃除で、一族の不純物を排除する暴力装置です。

9巻では、公共財ゲームのプレーヤーとして登場。

出番は少ないものの、重要な役割を担っています。

尾喰凛(おばみりん)

男子生徒の中で得票数トップ。

稼業は詐欺です。

スカムコインという仮想通貨を作って、票を集めたりと、嘘をつくことに関しては一流です。

桃喰リリカと、尾喰茨、その他3人とで、ITギャンブルゲーム「戦争」でも、嘘が冴えます。

分家筋で一緒に参加している尾喰茨との関係が良いです。

賭ケグルイ11巻の感想
賭ケグルイ11巻の感想。詐欺師の一族尾喰凛(おばみりん)対副生徒会長桃喰(ももばみ)リリカの戦い!いろんな嘘の話です2019年3月31日深夜よりドラマのシーズン2も開始する賭ケグルイの最新刊、11巻の感想です。 個人的に、10巻の内容がイマイチだ...

尾喰茨(おばみいばら)

凛の分家筋にあたるのが彼。

不良のような見た目で、詐欺師っぽいですが、最も不適な性質があります。

そして、凛を必要以上に慕っています。

凛以上に、ギャンブルに参加する彼。

彼の性質がそうさせるのかもしれませんね。

公共財ゲーム、戦争、大集約にも登場します。

9巻、11巻、12巻に登場。

狛喰希(こまばみのぞみ)

セントバーナードと一緒に行動する彼女。

稼業は謎で、平等という言葉に反応していました。

副会長 桃喰リリカとギャンブル ジン・ラミーで戦いますが、それといった活躍は、14巻まではありません。

和楽喰淑光(わらばみすみか)

長い髪に深いマスクの不気味な見た目で登場する彼女、

ただ、正体は、超有名。

日本人でありながら一流のハリウッド女優 名足カワル(なたりかわる)です。

アイドルの夢見弖ユメミには、憧れの人です。

和楽喰家の稼業は芸能。

表現一つで力を手に入れる、できないものに価値は無いが信条です。

淑光は、ユメミと夢子のペアと、ギャンブル演技力三本勝負で戦います。

あと、恵利美のことをすごく可愛がってます。

一族の協定

生徒会長選挙で、大きな意味を持ちそうなのが一族の協定です。

百喰一族で生徒会長選挙に参加した際、桃喰家(本家)以外の分家間には、ある協定が存在しているようです。

蛇喰家の夢子もその協定を知っているのかどうかは分かりません。

協定の中心にいるのが等々喰定楽乃で、綺羅莉を潰すように動いているようです。

ただ、どう調整しようとしているのは謎です。

まとめ:桃喰と蛇喰、狛喰の稼業は?

百喰一族について、まとめました。

稼業により、性質が違うところが面白いところ。

一族の争いでは、等々喰が黒幕的な働きをしていて、何かを調整しています。

稼業が分からないのが、桃喰、蛇喰、狛喰です。

狛喰は、活躍がないのですが、何が稼業なのでしょうか?

あと、メインの桃喰、蛇喰が何を稼業としているのかも知りたいところです。

賭ケグルイの最新刊で明らかにされるのでしょうか?

楽しみですね。

created by Rinker
¥660
(2021/10/19 01:29:22時点 Amazon調べ-詳細)

50%OFF・ポイント還元

Amebaまんが-100冊半額クーポン

honto-50%OFFクーポン

BOOK☆WALKER-50%ポイント還元