サスペンス

【完結漫画】春の呪いの感想※実写ドラマ化した麒麟川島さんおすすめ、呪いは晴れたのか?

春の呪いの感想

読売テレビのマンガ沼で麒麟の川島さんがおすすめしていた漫画が、春の呪いです。

2016年4月に発表された小西明日翔先生の連載デビュー作で、このマンガがすごい!2017オンナ編第2位、次にくるマンガ大賞2018コミックス部門第1位の人気作。

2021年春には、高橋ひかるさん主演で、テレ東で実写ドラマ化されました。

レディースコミックなのですが、男のわたしも1回読んで、呪いの正体が気になって、2回3回と読み返した漫画で、読み応えがあります。

気に入った作品なので、春の呪いは晴れたのか?などについて、思ったことを書きます。

春の呪いの基本情報

漫画名春の呪い1~2巻
発売日2016/4/23・2017/1/5
著者小西明日翔
出版社一迅社
連載月刊コミックZERO-SUM

春の呪い1巻のあらすじ

妹が死んだ。名前は春。まだ19才だった。 妹が己のすべてだった夏美は、春の死後、家の都合で彼女の婚約者であった柊冬吾と付き合うことになり―…。 妹の心を奪った男との季節が巡り始める。 新鋭が贈る話題の初連載作、待望の第1巻!!
※DMMブックスからの引用

目次

第1話 Spring is gone
第2話 7月
第3話 8月
第4話 9月(前編)

春の呪い2巻のあらすじ

created by Rinker
¥634
(2022/09/25 16:39:37時点 Amazon調べ-詳細)

「アキ」という名でSNSに綴られていた、春の心。病気への不安と共に記された、姉・夏美と恋人・冬吾への想いはどこか、猜疑に満ちていた。二人を引き離せるなら…わたしは地獄に姉を連れていく――ようやく死の間際の春の真意を知った夏美は、罪悪感に押しつぶされそうになるが…。発売後、即大反響を呼んだ衝撃のラブストーリー、完結!!
※DMMブックスからの引用

目次

第5話 9月(後編)
第6話 11月(前編)
第7話 11月(後篇)
最終話 and winter will come.

春の呪いの登場人物

立花夏美

主人公、親の離婚、確執があり、妹に親族以上の思いを抱く。
妹の死亡後に婚約者と付き合うことになり、複雑な気持ちに。
性格は明るく活発。

立花春

主人公の妹。
親からのすすめもあり、柊冬吾と結婚を前提に交際し、将来を夢見るも19歳で癌で死亡。
賢く勉強もでき、おとなしい性格。

柊冬吾

相馬グループの御曹司で、家柄も良く成績も優秀、銀行に勤める将来有望でイケメン。
立花春と交際していたが、春の死亡後に、夏美と付き合うことに

春の呪いの感想

全2巻のこの漫画、1巻と2巻で内容が変わります。
春の呪いというタイトル通り、呪いの意味合いが意味深です。

望まない、望まれないはずの交際

春の呪いのスタートは、春の死です。

大好きだった妹の春が19歳の若さで死にます。

親が離婚し、母が出て行ってすぐ、新しい母がやってきた家族で、本当の肉親と言えるのは妹だけ。

姉妹以上に大事に思っていた春の死はとても衝撃でした。

さらに衝撃だったのが、妹の婚約者で、妹を愛していたはずの柊冬吾からの交際の申し出。

政略結婚のような形で始まった春と冬吾の交際でしたが、春と冬吾は良いカップルでした。

死んですぐに、その代わりのような申し出をしてきた冬吾に、夏美は嫌悪感を覚えます。

交際にはOkしますが、条件を出します。

春と二人で行った場所に、私を連れ行ってください。

春の心を奪われたことへの嫉妬と、春のことをもう一度考えていたいからです。

交際を続けるうちに夏美は自分自身、そして、冬吾の変化を感じます。

冬吾の好意を感じ、そして、夏美も冬吾に好意を感じていることを。

ただ、それは夏美が望んでものではなく、当然、世間的からも望まれない恋でした。

交際の条件が終わると、2人は別れます。

お互い思うことはありますが、元にもどることを決めます。

夏美は、複雑な感情を抱い、自分の気持ちの行き所をネットで探す中、春の気持ちを知ることになります。

1巻での春の呪い

1巻での春の呪いは、夏美の冬吾を好きになってはいけないという呪いです。

冬吾は妹の婚約者、妹の心を奪った相手でむしろ憎んでいて、好きになるはずはなく、世間的にも認められません。

でも好きになってしまいます。

春が呪いをかけているわけではありません。

でも、夏美は、自分で自分に呪いをかけています。

そして、冬吾も同じです。

冬吾は、逆で、夏美に好意を持っています。

でも、由緒正しい柊家のため、結婚が決まっていて、好意もあった春のため、いわば夏美への思いを断ち切るために、交際をしていたのです。

すべて分かっていたからこそ、何もできない呪いをかけられています。

お互い春のことを大事に思うばかりに、春の呪いに、はまります。

春(アキ)が思っていた事

2巻です。

夏美は、春が生前につけていた日記のようなSNSを見つけます。

ハンドルネームはアキです。

そこには、夏美が知らなかった赤裸々な春の心がつづられています。

冬吾を大好きなこと。

二人は気づいていないかもしれないけれど、冬吾と夏美がお互いを意識していること。

そして、春の本心です。

妹以上に思っていた春の本心を聞いて、夏美はショックを感じます。

とめられない想いと春の呪い

別れた二人ですが、お互いを追い求めます。

夏美は、自分の気持ちに気づき、春に罪悪感を感じ、だからこそ、夜道では、背後に春の影を感じます。

ただ、ある事件をきっかけに、お互いの気持ちに正直になります。

夏美は、家を出ることを決めます。

冬吾も同じように家を出ます。

将来が約束されている冬吾にとって、家を出ることは、約束された未来を捨てること。

でも、自分の人生を生きるために、正直に生きることを決意します。

ただ、夏美はそれでも、春への罪悪感を忘れずにいられません。

しかし、それでも二人は前を向いて歩いていきます。

まとめ:春の呪いは晴れたはず

ネタバレしないよう気を付けて書いたので、読んでいない人には分かりづらい文章になっています。

でも、読んだ人なら分かるはずですが、ハッピーエンドでした。

二人で暮らすことになって、春の呪いが(たぶん)晴れたからです。

「俺もおまえも本当は呪われてなどいないかもしれない」

夏美だけでなく、冬吾も春の呪いに悩まされてきました。

でも、アキこと春の本心を知り、何度も考えたあと、春の本当の想いを知ったように思います。

夏美より冬吾を取り、お姉ちゃんを地獄につれていきたいと書いた春。

でも、本当に春はそう思って死んだのかと思います。

最終話では、振り返っても春はいませんでした。

あと、最後が、春の呪い おわりで終わっています。

漫画の最後だからと考えればそうですが、呪いの終わりも表してそうな気がします。

そして、裏表紙です。

言葉は、

たとえ、呪い殺されても。
果ては地獄でも。
あなたと二人なら。

と怖い言葉ですが、春を笑顔でおんぶする夏美の顔があります。

春も笑顔です。

春の呪いは、本当は温かいものだったような気がします。

実写ドラマは、ホラーテイスト強めで、評判が悪かったようですが、全部読むとその理由も分かります。

色々ありましたが、夏美の母の温かい気持ちも分かりました。

終わってみると、むしろ春を通して呪いが晴れたような気がします。

登場人物が、春、夏美、冬吾、そしてアキと、四季になっていたり、目次が、春から冬に進むけれど、秋(10月)がなかったり、小西先生のギミックも面白い漫画でした。

created by Rinker
¥574
(2022/09/25 16:39:37時点 Amazon調べ-詳細)