サスペンス

ダーウィンクラブ3巻の感想※クラブに潜入するために・・・

ダーウィンクラブ3巻の感想

ダーウィンクラブの3巻です。

2巻では、IT企業の社長で、ワイルドスペース社のロケットの発表で、宇宙へ飛び立とうとしていた天木の口から「ダーウィンクラブ」の存在が明かされます。

父親殺しの犯人であり、後輩の宮本の死に関連し、姿を消した佐藤を探すため、大良は、ダーウィンクラブへ潜入することを決意します。

ダーウィンクラブ 3巻の基本情報

漫画名ダーウィンクラブ 3巻
発売日2022/4/21
著者朱戸アオ
出版社講談社
掲載誌週刊モーニング

ダーウィンクラブ 3巻のあらすじ

CEOと従業員の経済格差が千倍以上の巨大企業への犯行予告があった。それから3年、犯行予告された企業の一つ・ワイルドスペース社がロケットの発表中に襲われた。さらに日本のロケット発表会の現場も襲われる。その放送を見ていた石井大良は、幼少時父親を殺したと思われる男の顔をそこで発見。彼を追うなかで大良は、彼が所属する組織「ダーウィンクラブ」の存在を知った。何とか組織に近づくためある企業に潜入を開始した…。怒濤の展開! 格差と陰謀が紡ぐクライムサスペンス!!
※DMMブックスからの引用

目次

第18話 鳥は飛ぶために、人は働くために生まれる
第19話 瓢箪から駒
第20話 ジャッカルもお年頃
第21話 蜜を食べることは、蜂の巣に入り込むこと
第22話 鯨を獲るために小魚を投げる
第23話 仏の道はハイエナを困らせる
第24話 猫の前の鳥
第25話 それぞれの雀は心を持っている
第26話 鷹には鷹の稼ぎ方
第27話 天には鳥の罠、地には鼠の罠

ダーウィンクラブ3巻の感想

新興物流企業のTroi(トロイ)へ入社

天木の教えから、ダーウィンクラブへ潜入する第一歩として、大良はTroiへ入社します。

Troiは、ITを駆使して配達をする物流企業。

気軽かつ、自由に働け、配送ルートや時間は、全てアプリが解決してくれる。

そんな、新しい働き方を提案する企業です。

そこで、めっちゃがんばる大良ですが、アプリの言う通りにしないと、(マイナスの)ポイントが貯まり、働らけなくなります。

不可解なルールの中、途中、人を助けたりしたことで、ポイントが貯まる大良。

そこに、小川が近づいてきます・・・。

ぶっちゃけUberのような仕組みのTroi。

アプリの言う通りにしないと、仕事ができても外される不可解。

まさに、アルゴリズムの奴隷ですね。

そして、小川が超あやしい・・・。

また、天木が何度か出てくるんですが、

「計画のはじまり~」

とか言います。

すべてクラブの計画なのか?

そんな気もします。

ネクストファミリー協会

近づいてきた小川に紹介されたのが、ネクストファミリー協会

クラブ?と思いきや、結婚紹介所です。

この結婚紹介所、なかなか納得できる仕組みです。

相手のプロフィールを見ることができません。

理由は、相手のプロフィールが見れると、見てくれの良い若い女性と、年収の高い男性のカップルしか生まれないということです。

ちゃんとしてますよね。

頭は賢くないですが、愛情深い大良は、人気になりますが、最後、墓穴を掘ります。

結婚紹介所の考え方がしっかりしていて、ちょっとびっくりです。

そして、結婚紹介所が間にある理由も。

ほんと、この漫画、設定がちゃんとしています。

ダーウィンクラブへ潜入するための最後の一歩とは・・・

小川は、親身になり、大良の面倒を見てくれます。

大良を飲みに連れて行ってくれ、結婚の相談にも乗り、借金の相談にも乗ってくれます。

ダーウィンクラブへかなり近づいたと思われるのですが、あと一つ何かが足りません。

でも、ひょんなことから最後のピースが埋まります。

それは、とても悲しいことですが・・・

大良が、警察の公安の高津の掛け合い、この巻のまとめのような気がします。

「天木には正しいことをしろって言われたし、
ネクストファミリー協会の人には、人をに愛される人間になれみたいなこと言われて、
今日会った弁護士の人には他人を助けろって言われました」

「とてもまともね」

「でも、同時にテロも起こして人を殺してる」

「あなたって、テロしなさそうよね」

で、テロを起こす側になるためのあと一歩です。

大良は、「彼らの考え方の近くに行かないと」って言いますが、それじゃなかったようです。

まともな人ほど、間違いを起こすって言いますよね。

間違いを起こすあと一歩って、こんなことだと思います。

まとめ:ダーウィンクラブの計画的な感じが怖い

週刊モーニング連載のこの漫画。

単行本で通して読むと、見えてくるものがどんどん変わります。

連載を読んでるときは、テロに関与するところが、この出来事があってこうなった・・くらいに思ってました。

でも、通して読むと、この出来事にもクラブが関わってる?って思えてきます。

そうなると、どこからどこまでクラブが仕掛けているのか分からなくなります。

そこが恐さであり、面白さです。

3巻の最後に、大良は、ダーウィンクラブへの切符を手にします。

4巻では、具体的なダーウィンクラブの中身が見えてきそうです。