ひゃくえむ。の2巻では、1巻では、小学生時代の話がメイン。

トガシは中学に進み、すぐに全中を制覇するなど、陸上は順調ですが、伸び悩みを感じます。

小宮は、トガシとの戦いの後、九州へ引っ越し。

その後の消息が不明です。

やばさを感じたトガシは、高校に進み、陸上部には入らないことにします。

ひゃくえむ。2巻のあらすじ

自分の実力が落ちていくことに恐怖を感じるトガシ。

プレッシャーに弱いことを自覚する彼は、強豪校の陸上部ではなく、公立高校に入学、陸上部にも入らない事にします。

アメフト部2年の寺川から勧誘を受けた彼は、責任を一人で背負うことのない団体競技に魅力を感じます。

学校の購買部の前で、パシリになっている陸上部員の貞弘と会うトガシ。

寺川から、陸上部が崩壊寸前なこと、部長が暴行事件を起こしたことを聞かされます。

そして、体験入部を薦められます。

ある日、一人で練習を続ける陸上女子部員の浅草から、走る姿を見せてほしいと頼まれます。

走ることに恐怖を感じていたトガシですが、このときに久しぶりに全力で走る喜びを知ります。

しかし、トガシを入部させたいアメフト部は、陸上部を廃部させようとします。

虐げられている陸上部。

廃部の通知に、浅草も「私が走ってたの、無意味だったかもね」と。

それを聞いたトガシの何かが変わります。

体験入部を断るためアメフト部に出向くトガシ。

そこで、アメフト部と陸上部の勝負を提案します。

800mをアメフト部8 陸上部4で走ることになったレース。

部員を集めるため、暴行事件を起こし、引きこもっている部長のもとに行くトガシ。

そこにいた部長は、あの人でした。

ひゃくえむ。2巻の見どころ※トガシの心の動き

2巻の見どころは、トガシの心の動きです。

小学生、中学生と全国1位。

ただ、少しづつ差を詰められ、自分に自信がなくなり、高校では、陸上部に入りません。

アメフト部に勧誘され、「負けたってよくない?」の言葉に心を動かされます。

陸上部の浅草さんに勧誘されるも鬱陶しいと感じます。

ただ、浅草さんの前で久しぶりに全力疾走、浅草さんの「凄い」の言葉に少しづつ走る意欲を取り戻します。

馬鹿にされても、それを糧に頑張れるという浅草さん。

アメフト部に廃部に追い込まれる陸上部に、トガシが変わります。

付きまとっていた影に言います。

「俺は速いぞ」

負けること、負けて、周りから孤立することにびびっていたトガシ。

でも、周なんて関係ないと割り切ったトガシはかっこいいです。

走ることに意味がないと言う貞弘に言う

「俺が絶対に勝たせる」

「あんたらの人生変えてやるから黙って付いて来いと言ってんだ!」

は、すごくワガママで、かっこいいです。

自分の人生を切り開いた人間は、良いですね。

まとめ:トガシが本気になる

小学生時代は、何も考えずに好きなことをやれますが、中学、高校になると、先を考えて、やっても意味がないと、勝手にあきらめてしまいがちです。

トガシは、100mが全国一位という、私たちはとは違う存在ですが、同じように思うことが誰しもあると思います。

夢とか希望とかでなく、ただやりたいから、どんなことをしてもやる!

非常識かもしれませんが、だからこそトガシはカッコイイです!

DMMブックスなら、無料試し読みができる

ひゃくえむ。の2巻を読むなら、DMMブックスです。

最初の11ページを無料で試し読みできます。
→ひゃくえむ。の2巻をDMMブックスで試し読みする