超能力

菌と鉄の1巻の感想※キノコに支配された世界。進撃好きならはまるかも

菌と鉄1巻の感想

菌と鉄1巻の基本情報

漫画名菌と鉄 1巻
発売日2021/7/8
著者片山あやか
出版社講談社
掲載誌別冊少年マガジン
漫画アプリマガポケ

菌と鉄1巻のあらすじ

人類はキノコに支配されていた。脳に寄生することで自由を奪い、思考を奪い、菌類は徹底した管理社会を築き上げた。しかし、ここにイレギュラーが存在する。最強の兵士・ダンテは、ひとりの少女との出会いをきっかけに、この世界の理を覆す決意をした。『進撃の巨人』諫山創が惚れ込んだ、新たなる’絶望’と’抵抗’の物語。

人類はキノコに支配されていた。脳に寄生することで自由を奪い、思考を奪い、菌類は徹底した管理社会を築き上げた。しかし、ここにイレギュラーが存在する。最強の兵士・ダンテは、ひとりの少女との出会いをきっかけに、この世界の理を覆す決意をした。さあ。絶望の底から、叛逆をはじめよう。
DMMブックスより引用

目次

第1話 ダンテ
第2話 怒り
第3話 ギン
第4話 エーテル

菌と鉄1巻の感想

菌と鉄の1巻は、不思議なこの世界を説明する巻です。

作者の片山あやか先生が、オーソン・ウェルズの1984が好きらしいのですが、菌と鉄の世界は、そこに描かれる管理社会に似ています。

管理社会から外れた主人公ダンテとヒロインのアオイ、管理社会に反抗するエーテル一派、教官のギンとの出会いなど、豊かな登場人物のキャラ設定が魅力的です。

主人公ダンテ

主人公はダンテです。

「アミガサ」という名の世界政府に完璧に管理された世界のエリアD-18地区に生きています。

この世界では、すべてが管理されています。

毎日決まった食事で、無駄な会話をせず、その状況に疑問を持つものは誰もいません。

感情さえも管理さえ、みんなで怒る、怒る時間などもあります。

ただ、ダンテだけは、ほかの人と違い、それらすべてに疑問を持ちます。

だから彼は懲罰の対象となります。

生き延びているのは、彼に驚異的な身体能力があること、あと、彼は字が読めない失語症です。

ヒロイン「アオイ」

ダンテは、アミガサの対抗勢力のエーテル一派を撲滅するため、秘密任務につきます。

はじめてエリア外に出てダンテ。

そこは、キノコに支配された世界です。

エーテル一派を見つけ、戦闘になる直前、地割れやがけ崩れで、仲間たちは全員死亡。

ダンテだけが生き残ります。

そこに現れたのがエーテル一派のアオイ。

彼女は女性区から来ました。

彼女もダンテと同じく、女性区の毎日の生活に疑問を感じます。

アミガサに抵抗するため、アオイはダンテに抱き着きます。

アミガサでは禁止されているから、抵抗のためです。

そして、抱き合うことで、二人は何かを感じるのです。

アミガサの支配

生き残ったダンテは、エリアD-18に戻ります。

総督に捕まった彼は、処置室に連れていかれます。

秘密任務では、全員死亡するとアミガサに決められていたはずなのに、生き残ったからです。

ダンテは、総督から、処置されます。

この世界では、すべての人類の脳にアミガサダケが寄生しており、脳を支配しているのです。

支配に屈しないダンテに、特大サイズのアミガサダケを脳に埋め込まれます。

「アミガサ万歳・・・!」

脳を支配されつつあるダンテ、しかし、ダンテは屈しません。

理由は、アオイにもう一度会いたいから・・・

そして、エーテル一派のリーダーと会うことになります。

教官のギン

エーテル一派の仲間となったダンテ、潜伏しながらエーテル一派の戦力となる訓練を受けます。

ダンテの教官はギンです。

圧倒的な身体能力で、誰にも負けたことがなかったダンテですが、ギンには完敗します。

はじめて本格的に戦闘の仕方を考えるダンテ。

武器を使って、ギンに一矢報いますが、ギンの特殊能力に阻まれます。

彼の能力は、「メタルカプセル」を飲み、脳のアミガサと金属を合成させ、体を鉄にできる能力です。

ここで鉄が出てきますね。

しかし、ギンに能力について教えてもらうことになった5日後。

彼は、ダンテの身代わりとなるのです。

まとめ:進撃の巨人の1巻にも似た、不思議な世界観と魅力的なキャラ

菌と鉄の感想を書こうとすると、ネタバレになりそうなくらい全部のことを書きたくなります。

それくらいに特殊な設定で、でも、説明したい感じです。

みんな一緒じゃないといけない嫌な感じが、今の日本の状況に似ているので、分かるよねって言いたいからです。

はみ出ると叩かれる、それも思いっきり!

その感じが、菌と鉄のアミガサの管理社会に似ています。

菌と鉄は、マガジンつながりなのかもしれませんが、進撃の巨人の諫山創先生が帯や書下ろしイラストカードを書いています。

進撃の巨人の最初にも似た雰囲気がありますね。

グロい演出やシーンもありますが、主人公ダンテがいい具合にバカで、でも、非常識に強かったりで、良いキャラです。

別冊少年マガジンの連載なので、単行本の次の発売は2022年春とゆっくりめです。

だからこそゆっくりこの漫画を理解したい気がします。

50%OFF・ポイント還元

Amebaまんが-100冊半額クーポン

honto-50%OFFクーポン

BOOK☆WALKER-50%ポイント還元