ホラー

ガンニバル12巻の感想※後藤家のゆがんだ歴史が終わる。本当の食人族は・・・

ガンニバル12巻

ガンニバル12巻です。

巻末に最終巻13巻の案内がありました。

12巻は、クライマックス直前の大事な巻ですが、クライマックスの連続です。

11巻の最後は、大悟がゆがんだ後藤家の歴史を断ち切るため、あの人こと白銀を撃とうとするシーンで終わりました。

白銀を守ろうとするのは、生贄にされたはずの大悟の娘ましろ

そして、大悟の背後には、恵介が・・・

怒涛の展開が始まります。

created by Rinker
¥594
(2021/11/28 21:06:38時点 Amazon調べ-詳細)

ガンニバル12巻の基本情報

漫画名ガンニバル 12巻
発売日2021/11/18
著者二宮正明
出版社日本文芸社
掲載誌週刊漫画ゴラク
掲載アプリマンガTOP

ガンニバル12巻のあらすじ

国との戦争を選択、最後の祭に突き進む後藤家。
そして’あの人’に供されたましろ……。
絶体絶命の刹那、呪われた当主が遂に動き出す。

「ごめんな、白銀…」

父への想い、万感、慈愛の言葉と共に、現人神はその壮絶な生をどう全うするか。
そして後藤家の奥底に潜む更なる狂気とは!?
正に最終局面、全てが瓦解し流転する第12巻!!
amazon.co.jpより引用

目次

第102話~第110話

ガンニバル12巻の感想

白銀の前で銃を構える恵介と大悟。恵介が撃ったのは?

白銀をかばうましろ。

大悟は、ましろがいるので、白銀を撃つことができません。

追いかけてきた恵介は、ゆがんだ歴史を終わらせるために、大悟の代わりに、白銀を撃とうとします。

しかし、そこに銀の呪縛が・・・。

結果、恵介は、大悟を撃ってしまいます。

自分のした事に驚き、頭を地面に何度も打ちつける恵介。

そこに、岩男ら後藤家の面々が現れます。

自分に子供が出来たことを知り、全て終わらそうとした恵介ですが、人生に植え付けられてきた銀の呪縛が邪魔をします。

悪しき因習がまだ運命を狂わせます。

自分のしたことを悔やむ恵介を止めるのが、あの人というのも深いです。

最後の祭りが始まる:4巻36話の伏線回収

白銀の前に、岩男ら後藤家の面々も合流します。

外では、供花村での殺し合いで、20人以上の死者を出した警察が、大量の人数を村に派遣し、周りを囲んでいます。

そこには、顔を喰われたあの青年、そして、恵介の母、後藤藍の姿も・・・

警察の動きを察した岩男は、恵介に後藤家の当主として、生き様を見せろと脅します。

そして、ましろを生贄とした最後の祭りを行うことになります。

意識を取り戻した大悟の前に、恵介が差し出したのは、人肉。

そう、4巻の36話で書かれていたあのシーンです。

目を開けろ駐在
お前も喰えや

ましろの危険を感じた大悟。

しかし、ましろが発した言葉で、白銀が変わります。

そして、恵介も・・・

すごく大事なシーンですね。

ガンニバルの象徴である「あの人」こそ白銀。

何かがつながり、何かが変わる。

象徴的なシーンです。

ずっと続いてきたガンニバルのクライマックスとも言えるのがここですね。

後藤家当主の恵介が語る言葉

後藤家の象徴の現人神の最後の姿に、後藤家の面々は平伏します。

恵介は言います。

お前らにはこの娘が何に見えとる
後藤家のみが人間?

そうや・・・
ないやろ

誰も死ぬ必要なんぞなかった

この娘は生かす
この先も生きていく

おまえらも生きてみせろや

恵介は、未来を説くのです。

岩男

これで終わりと思いきや、岩男の思っていることは違いました。

岩男は、ほかの面々と違い、白銀のことを神だとは思っていません。

恵介だけを守れればいいと思っています。

岩男に流れるのは、銀を助け、後藤金次を殺した流れものだった後藤家の血。

岩男は言います。

こいつだけは殺さんとのう

恵介をこんな状況に追い込んだ大悟のことが許せなかったのです。

そして、岩男は狂います。

食人族

舞台は、銀と流れものが供花村を乗っ取った後に戻ります。

供花村に平和が訪れ、子供たちが遊ぶ姿が見えます。

しかし、違和感が・・・。

正宗は、銀に聞きます。

この子たちの母親は、女性すら見当たらない

銀は正宗を、地下牢に連れていきます。

そこには、女性たちの姿が・・・

地下牢から出ると、流れものの岩男の姿が・・・

銀、あの場所を見せたのか?

銀を殴る岩男。

村を統べるために、祭などが必要と言う銀や正宗。

岩男は言います。

俺にはわからん

神なんぞいないとは思わんか

男は兵隊

女はそれを生む肉塊

この世には血と肉があるのみ

人間を殺し

それを食い尽くす

それが俺たちの本能やろが

大悟たちの前で狂いはじめた岩男に流れるのは、まさにこの血。

儀式を強要する岩男が叫ぶ

「俺たちは〇〇〇や」

この言葉が強烈です。

まとめ:最後は希望

ガンニバル12巻も強烈でした。

ネタバレしないように感想を書きたいと思って注意していますが、キラーワードが多すぎます。

ただ、漫画を読まないとこの言葉の重みは分かりません。

ぜひ読んでください。

壮絶なストーリーですが、最後は希望で終わります。

古い因習から離れ、現代や未来へつながる希望。

終わったと思った歪んだ歴史。

終わらせようとする者と、阻止しようする者の戦いの終止符は?という感じですね。

created by Rinker
¥594
(2021/11/28 21:06:38時点 Amazon調べ-詳細)

【最終巻】ガンニバル13巻は2022年2月発売予定

最終巻のガンニバル13巻は2022年2月発売予定です。

帰りを待っているひとの元に帰れるのか。

ガンニバルの忌まわしい呪縛は絶たれるのか・・・

最終巻が楽しみです。

ガンニバルの続きを無料で読むなら漫画アプリのマンガTOP

マンガTOPガンニバル

ガンニバル12巻の続きを無料で読むならマンガTOPです。

インストールは無料!

初回ダウンロード後30分間は、ほとんど全話読み放題!

13巻に掲載予定のページも読むことができます。

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

ガンニバルを読める漫画アプリ
ガンニバルが読める漫画アプリ※無料で読めるアプリは?ディズニープラスで実写ドラマ化が決まったほか、アメトークやマンガ沼でかまいたちの山内さんが激推ししていることでおなじみの漫画がガンニバル...

ガンニバル連載の漫画ゴラクを読むならauスマートパスプレミアム

ガンニバルを連載している漫画ゴラクを読むならauスマートパスプレミアムです。

週刊漫画ゴラクは、定価420円ですが、auスマートパスプレミアムなら月額548円(税込)で、読むことができます。

漫画読むのにauスマートパスプレミアムがおトク
コミック誌を読むのに、auスマートパスプレミアムがおトク※コミックゼノン、漫画ゴラク、フィールヤングで単行本の先を読むauの会員サービスに、auスマートパスプレミアムがあります。 月額548円(税込)で、iPhoneの修理代の補助や、TOHOシネマ...

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
※応援クリックお願いします。