歴史

真・群青戦記の2巻の感想※死刑囚が登場

真・群青戦記2巻の感想

真・群青戦記2巻です。

1巻では、拘置所が、真田の居城近くにタイムスリップ。

ミチロウとマコトの兄弟が、真田弁丸(後の幸村)、信之の兄弟と会ったところからの始まりとなりました。

負傷した信之を助けるため、ミチロウは、拘置所の医師のもとに連れていきます。

タイムスリップで混乱する拘置所。

そこに、いなくなった弁丸と信之を取り戻すため、三好総兵衛率いる真田軍も乗り込みます。

混乱深まる中、殺人をいとわない真田軍の凄さにビビる囚人の廣瀬は、死刑囚を開放します。

真・群青戦記2巻の基本情報

漫画名真・群青戦記 2巻
発売日2021/6/17
原作笠原 真樹
作画アジチカ
出版社集英社
掲載誌週刊ヤングジャンプ

真・群青戦記2巻のあらすじ

’現代の凶悪犯vs戦国武将’開戦!! 現代の拘置所が時を超え戦国時代へ――。所内では収容者たちの暴動が起き、無秩序状態に…そこへ更に真田軍が攻め入り、所内は殺戮の戦場と化した!! そして、とある囚人が戦国武将らに対抗すべく、凶悪事件を起こした’死刑囚’房の扉も開けてしまい…!? その戦禍から、現代の大学生のミチロウは、幼き真田弁丸(後の幸村)を守るべく奮闘する!!
DMMブックスより引用

目次

第7話 6人の凶悪犯
第8話 争奪戦
第9話 邪魔者
第10話 元格闘家の憂鬱
第11話 執念
第12話 生まれながらにして
第13話 菊地という男
第14話 モーゼ
第15話 わずかな確信

真・群青戦記2巻の感想

真・群青戦記2巻のメインは、6人の死刑囚です。

最初は、共闘して、その後は、対立とまではいかないものの、それぞれの考え方で動きます。

その中でも、久能理の存在は不気味です。

最後の言葉も、ちょっとヤバいですね。

6人の死刑囚

真田軍の強さ廣瀬が助けをもとめて、死刑囚を開放します。
人殺しには、人殺しという感じですね。

今回のメインキャラとなる現代の凶悪犯の死刑囚たち。

彼らは、この時代を生きるため、真田軍を乗っ取ることで共闘します。

神戸極英組若頭 赤岡勝美

藤吉会系組事務所襲撃事件で、幹部2人一般市民1名を射殺。
※殺人罪で死刑
→極道だけに男気があります。

元中学校教諭 田宮友則

国会議事堂爆破事件を起こす。
※内乱罪及び爆発物破裂罪で死刑
→弱そうですがヤバそうです。

元格闘家 水沢ケイ

令和の仇討ち殺人と言われた闇金業者2名殺人事件。
※殺人罪で死刑
→琉球空手の使い手、殺人には理由があります。

宗教団体職員 久能理

単独ハイジャック事件
※航空機強取等致死罪で死刑
→タイムスリップした時代を1575~1578年の安土桃山時代と当てるなど賢く、死刑囚を統率するリーダーシップもあります。

元会社員 三ヶ橋夫一

K市女性連続殺人事件
※逮捕・監禁罪、殺人罪で死刑
→ピンク(性犯罪者)嫌いの赤岡にいきなりボコられます。

李昊天(ハオテイエン)

廣瀬の口から語られるのですが、正体不明の老人。
ただ、真田軍の農民兵3人をいきなり始末するなど、かなりの腕が立ちそうです。

謎のもう一人

死刑囚房には、7人の死刑確定囚がいるはずでした。
ただ、タイムスリップ時の混乱で、一人はすでに逃げているようです。
不破かもしれません・・・。

三好惣兵衛とミチロウが合流、そこに死刑囚たちが・・・

三好惣兵衛ら真田軍とミチロウが合流します。

弁丸を助けることで利害が一致する惣兵衛とミチロウ。

そこに、赤岡と水沢が現れます。

戦闘になる赤岡、水沢と真田軍。

攻撃力に長けた二人は、引けをとりません。

惣兵衛は水沢と直接対決。

琉球空手を操る水沢は、刀で戦う惣兵衛を圧倒、腕の骨を折ります。

ただ、弁丸を助けるため、惣兵衛は腕を折られても、必死に食らいつきます。

惣兵衛には忠義が、そして水沢にも家族を守れなかった復讐心が、身体を動かせます。

そこに、真田軍の援軍、惣兵衛の姉、三好清海姫が駆け付けます。

久能たちは弁丸と

赤岡たちと別れて行動する久能たちは、弁丸と信之を見つけます。

久能は、田宮に信之をまかせ、弁丸を人質にとり、囚人たちを集めます。

久能は、ハイジャック事件で、当時の内閣を総辞職に追いやった人物。

弁丸を連れ立ったまま、彼は言います。

我々が向かうのは、越後、上杉謙信のところだ・・・

まとめ:死刑囚が登場し、面白くなってきました。

一般な囚人では相手にならなかった真田軍ですが、死刑囚の登場で、状況一変。

特に、久能は、強さ以上に賢く、指導力があり、先見性もあります。

当面は、対久能がメインになっていきそうです。

真田軍に味方する形になったミチロウ、そして、死刑囚の中でも、水沢と赤岡は、ただの悪いやつじゃありません。

施設警備隊の菊地や医者(名前が分からない)など、ミチロウの仲間になりそうな人物も増えてきました。

ちなみに、先に進むと、真田十勇士の有名な面々も登場します。

先が楽しみです。

真・群青戦記3巻
【最新刊】真・群青戦記3巻の感想※真田十勇士が登場、最後にあいつが・・・真・群青戦記3巻です。 2巻では、解き放たれた死刑囚が、自由を求め、久能理をリーダーに、真田弁丸(後の幸村)を人質に取ります。 ...
50%OFF・ポイント還元

Amebaまんが-100冊半額クーポン

honto-50%OFFクーポン

BOOK☆WALKER-50%ポイント還元