格闘

刃牙道10巻の感想※宮本武蔵VS範馬勇次郎。そして「本部でいい!」

刃牙道10巻です!

地上最強の生物、範馬勇次郎と天下無双、宮本武蔵が激突します。

刃牙道10巻の基本情報

漫画名刃牙道 10巻
発売日2016/3/8
原作板垣 恵介
出版社秋田書店
掲載誌週刊少年チャンピオン

刃牙道10巻のあらすじ

徳川邸でぶつかり合う「最強」と「最強」!! 勇次郎の実力を察した武蔵は真剣を二刀差して立ち向かう!! 出し惜しみなき頂上決戦、勝者は……!!
amazon.co.jpより引用

目次

第81話 黄金(おうごん)
第82話 強靭き肉体(つよきにくたい)
第83話 日本刀
第84話 感性(せんす)
第85話 勇次郎
第86話 奥義
第87話 無刀
第88話 えらいこと
第89話 この瞬間(とき)

刃牙道10巻の感想

刃牙道10巻は、武蔵vs勇次郎の戦いが見事な巻です。

今まで比類なき強さで刃牙の強豪たちをねじ伏せてきた武蔵ですが、勇次郎にはそう簡単にいきません。

前巻では、武蔵はしっかり剣を携え、いわば完全体で勇次郎と対決。

代名詞の2刀流も登場、最強の剣士と最強の拳士の対決は見事。

なぜか、勇次郎は、武蔵の剣をずっと握ったまま闘ったり、
読み終わって、今、思いなおすとなんじゃそりゃ?みたいな感じもありますが、
それも含めて、熱をもって読ませてくれるのが刃牙のいいところです。

そして、一番最後に、我らが本部以蔵が登場します。
勇次郎と武蔵の戦いに思わぬ感じで登場。
本部のせいで・・・な感じにはなりますが、

そのあとの展開が面白い!

本部の口みずから、「本部ごときが何を言うと・・・」
そして、宮本武蔵と釣り合う存在だとも・・・

そして、武器を使えば私も釣り合うと言った後のご老公の言葉
「本部でいい!」

今回も名言が出ました!

次巻も、本部に注目です!

→電子書籍で読むならDMMブックスの刃牙道10巻の無料試し読みができます。

50%OFF・ポイント還元

Amebaまんが-100冊半額クーポン

honto-50%OFFクーポン

BOOK☆WALKER-50%ポイント還元