テレビアニメが9月26日から始まったテラフォーマーズでございます。
もうなんかすごい人気の作品になって、ヤンジャンの表紙を飾ることも当たり前になりました。

このテラフォーマーズ、ジュンク堂でプラプラしているときに、
試し読み本を読んで、引き込まれて1巻を買いました。

まぁ、1巻のせつないことせつないこと、そして、超面白く、超こわい、すっごいエンターテイメントでした。

まぁ漫画好きで読んだことない人もいないと思いますが、
ストーリーとしては、火星を地球と同じような環境にするために緑地化計画をすることに!
ただ緑を植えるだけではうまくいかないので、一緒に生命力が強いゴキブリを放ったところ、そのゴキブリが独自の進化をとげて・・・
という話です。

テラフォーマーズの1巻では、状況確認などをするために、各国から色々な人が派遣されるも、各国の思惑があり・・・などがストーリー的にはあるのですが、
なんといっても、いろんなタイプの昆虫と合体する魅力的な人が描かれているのにもかかわらずどんどん死んでいくカタルシスですよね

あれ、連載を読んでいた人たちはどんな気分だったんでしょう。
こいつが主人公か?みたいなやつが強そうな力があるもののどんどん死んでいく、逆の意味で気持ちいい感じです。

で、最後に残った能力が一人はヒーローチックなものですが、もう一つが基本的には何もしない・・・
いろんな意味でワクワクする作品でした。

で、2巻からは、たぶん集英社の編集者の人が見つけたって感じになったんでしょう、結構、普通の展開になってきました。
その次の世代ってことで、1巻を読んだ人には面白いのですが、わかりにくくなってきてはいます。

ワンピースなみの伏線をはりめぐらしている感じで、まずは整理しよ~って感じですね。
ま、ここらへんは、わたしが書かなくてもいいお話で、

記事のタイトルの話です。

このテラフォーマーズですが、漫画の1巻の前の0巻ともいえるものがWEB漫画で読めるって知ってました。
ミラクルジャンプに載っていたお話のようですが、TERRA FORMARS1という作品です。
テラフォーマーズを読んでいる人だったら、1巻の前、バグス1号があったことを知っているかと思います。
そのお話です。

読みきりの作品だったようで、1巻以上にあっさりゴキブリにやられちゃいます
ただ、わたし、こういう路線もいいかなって気がします。
進撃の巨人も食べられちゃうところがピークかなって思う人間ですから・・・
ミラクルジャンプのTERRA FORMARS1はこちらから

テラフォーマーズをまだ読んだことがない人はこちらから、AMAZONだと安いのがあります