ケンガンアシュラ15巻でございます。
前の巻では、主人公の王馬が、滅堂の牙にこてんぱんにやられて終わりました。
そして、今回から2回戦のスタート。

ゆったりした雰囲気が流れる中、新しいルールが発表されます。
2回戦以降、1回だけ闘技者を変更できるとのこと。

このルールが入ることで、いろいろな思惑が生まれます。
闘技者の買収、引き抜き、あと、出てきそうで出てこないメディスンマン鏑木、ハサド・・・
あと、国会議事堂他、数か所に爆破予告のニュースも・・・

その中、王馬は、修行のやり直し。
水中でのシャドーというすごいことをやっちゃってます。

シャドー中、師匠の二虎が現れ、王馬の昔のことが少しずつ見えてきます。

そして、二回戦のスタート
二回戦は、西品警備保障の絞殺王今井コスモと若桜生命の阿古谷清秋です。

1回戦でダメージを追った今井コスモに対して、ほぼノーダメージの阿古谷。

コスモは、あえて立ち技で勝負を挑みます。
その最中、若桜生命の檜山が阿古谷に指示だししていた事実が発覚。
不正だろ・・・ってなるのですが・・・という感じです。

この巻では、阿古谷の強さというか怖さが光ります。
そして、巻末には、檜山瞬花と阿古谷清秋の話が・・・・
ここでも、阿古谷の怖さの成り立ちが出てきます。

ぶっちゃけ、MangaOneで毎週、読んでて、内容を知っているのですが、
通しで読むと、また読み応えがあり、間に、各キャラクターの細かいプロフィールや、
MangaOneでは読めない、読み切りのお話などもあっていいですね。

作者への応援も含めて、忘れず買い続けます。

ちなみに、裏表紙のエロ画は、犬になった檜山です。
マニアが喜びそう!