9784537132878

クロコーチの9巻でございます!

会社の昼休みに、散歩がてらジュンク堂に行くのですが、
そこでついつい見つけては買っているクロコーチ・・・
ドラマがやっていたのは遠い昔ですが、いまだにわくわくさせる話題が続いています。

ぶっちゃけ、読むときには、前の巻のことを忘れてはいるのですが、読み進めるうちに少しずつ思い出す・・・
そんな感じです。

今回は、しゃべるだけで洗脳し死にいたらしめる“囁く男”の顔がわかり、
謎のテロ組織「大人は判ってくれない」の警察の中枢にいる中心人物がわかりつつあり・・・

そして、このテロ組織の新たな計画がわかる!そんな感じです。

クロコーチは、昔の日本に本当にあった話になぞらえて、ニアの線をぶつけてくるフィクションですが、
この計画については、フィクションだとわかってはいても、ちょっと恐ろしく・・・
バックにかの国がついていて、本当にそんなことを考えていれば、どうなるんだろうと・・・
ブルブルしてしまいます。

主人公のクロコーチこと黒河内は、人を殺す、弱いものをいじめ、脅し、金をむしりとる最低の刑事ですが、
そんな刑事が次は、日本を救うことになるのか・・・そんな展開ですね。

構図としては、東大でてる超かしこい警察のトップが実は一番あぶないことを考えていて、
地を這うような悪いことしか考えていない県警の「イチ刑事(デカ)」が、実は、いろんなことが見えている・・・
そんな感じですね。

陰謀論とかそういことが好きな人は、この巻の展開、好きじゃないですかね~

アマゾンなぜか今ポイントがつくんですね!

いつでも3%のポイントがつく本屋ならポンパレモール

にほんブログ村 漫画ブログへ