書くのを忘れていたケンガンアシュラ12巻の話です。

今回のメインは、超人理人、爪でひっかくレイザーズエッジのあいつです。

主人公の王馬に一度は破れたものの、なんか知らぬ間に良き友人みたいになって、
SH(すごく冷えてる)冷凍の社長に、乃木会長の差し金でなって、このトーナメントに参加している彼。

ドラゴンボールで言うピッコロとか、ベジータのような、
一回戦って、友情に芽生えて、仲間になっている・・・
そんなパターンでしょうか?

ただ、戦う相手が、魔槍 黒木玄斎、強すぎる相手で・・・って感じですね。

12巻の巻末には、理人が主人公のおまけがついていますが、
それを読んでも、理人になんか思い入れをしちゃいますね!

これで出番は終わりってわけじゃなさそうなので、先が楽しみです。

後半、王馬の最大のライバルというか、宿敵、恋人?ストーカーの桐生刹那・・・

相手は、12巻の表紙になっている天狼衆総帥の二階堂蓮・・・
相当に強いのですが、次元が・・・

桐生が使う狐影流には、技は二つしかないとの話があって、その強さが際立ちます。

ま、こんな感じの12巻なのですが、
前の記事に書いたのですが、小学館の「MangaONE」とうアプリで全部読めるとのことで、
その先を読んじゃいました・・・

その先は、結構進んでいて、滅堂の牙が出てくるところまで行っています。

全部、単行本で読もうと思っていたのですが、スマホのアプリで読んでも、面白く、一気に最後まで進めてしまいました。

ただ、単行本には紙の良さがあるし、単行本裏のエロいお楽しみもあります。
ちなみに12巻は、桐生刹那と二階堂蓮の・・・

だから、13巻以降も買うつもりです・・・

にほんブログ村 漫画ブログへ