伝染るんですで一時代を気づいた吉田戦車さんの子育て漫画です。
wikipediaを見ればわかるので、吉田戦車さんは、若いときに一度結婚されて、離婚をされています。

その後、2007年に漫画家の伊藤理佐さんと結婚、2010年1月に女の子を出産、
その子供の成長日記ともいえるのが、まんが親なのです。

子育ての話と聞くと、笑いどころがないのでは?と思うかもしれませんが、
そこはどうして、子育てしたことある人ならわかるツボがたくさん。

たとえば、かわいい赤ちゃんが深夜泣くでもなく起きていて、
何をしているのかなと?と顔を見ると、思いっきりにらまれるやつ(1巻第五話の家事と視線より・・・)などなど
字で書いてもわからないですね。
なんしか読んでください、子供を育てたことがある人なら、男でも女でもはまれます。

で、このまんが親、単なるギャグ漫画ってわけじゃないのがいいところです。
連載が超おやじ雑誌、ビッグコミックオリジナルってところもあるのかもしれませんが、
吉田戦車さんの素の部分が見えて、すこしせつなくもなります。

吉田戦車さんは最初の結婚のときに子供さんをもうけていらっしゃいます。
離婚後、その娘さんと会っているのかそうでないのかはわかりませんが、
歳をとって、子供とちゃんと向き合えるようになって、その娘のことを思うこともあるんでしょう。
そんなシーンがちらほら出てきます。

まんがに書くくらいですから、妻の伊藤さんも許容されていらっしゃるんだと思います。

吉田戦車さんって、不条理の代名詞みたいな方で、人間味をあまり感じないところに面白さがあったような気が昔はしましたが、
このまんがを読むとすっごくお父さんなところがいいです。

笑えるけど、ちょっとせつない、吉田戦車さんを好きになれる漫画です。
→AMAZONでまんが親を見る