平野耕太先生原作でおなじみの漫画「ドリフターズ」「ヘルシング」のアニメ版が、2019/5/16(木)よりHuluで配信開始になります。

ドリフターズは、関ヶ原を舞台に、世界の歴史上の猛者達が、時代を乗り越えて戦う格闘漫画、現在6巻まで進んでいます。
ヘルシングは、ネオナチ 対 吸血鬼狩りのヘルシング期間の戦い、こちらはだいぶ前に連載は終わっていますが、今でも語り継がれる海外のファンからも「クレイジー」と言われる作品です。

アニメ版があることは知っていましたが、ちゃんと見たことがなかったので、Huluで見れるのは、ちょっとしたご褒美です。

では、「ヘルシング」「ドリフターズ」の見どころを紹介します。

時系列的に、ヘルシングから!

HELLSING OVA(ヘルシング オリジナルビデオ)のみどころ

まずは、ヘルシングです。
1998年にヤングキングアワーズ連載がスタート、その後11年をかけて、全10巻の完結となった
ゆっくり確実に書くことでおなじみの平野先生の真骨頂の漫画です。

20世紀末の英国を舞台に、
吸血鬼をせん滅することを目的とした「ヘルシング機関」をメインに、ヴァチカン直下の「イスカリオテ機関」、ネオナチの残党の「ミレニアム」が三つ巴で、戦争を繰り広げます。

ヘルシングの主人公は、ヘルシング機関の最高の殺し屋であり、吸血鬼のアーカード。
吸血鬼せん滅を吸血鬼がするという謎の設定ですが、婦警のセラスを自分の配下にし、英国を守るために戦います。

ヴァチカン直下のイスカリオテ機関にも、超強い、不死身に近いアンデルセン神父がおり、アーカードと戦い、共闘し、ミレニアムとの戦いに挑みます。

ヘルシングのメインは、アニメの演説シーンランキングで1位を取ったこともある、ミレニアムの首領「少佐」の演説です。
→アニメの演説シーンランキング

「わたしは戦争が好きだ・・」から始まる演説は、
海外のアニメファンから、日本人は狂っていると言われているとかそうでないかはわかりませんが、
今の時代には、到底受け入れることができない戦争礼賛の文言。

戦争をするために、地球の裏で生きてきたミレニアムの残党が、ロンドンに攻め入るシーンは大迫力です。

ヘルシングの漫画も、20年以上前の作品になりますが、今でも色あせない、おかしさでいっぱいです。

ちなみに、平野先生のツイッターもかなりおかしいので、気になる人は、フォローしてみてください。
→平野先生のツイッター

ドリフターズの見どころ

ドリフターズは、ただいま連載中の、歴史をまたにかけたバトルものです。

主人公は、島津豊久。
戦国時代ものに詳しい人ならご存知の関ヶ原の戦いで、西軍についた島津の殿に位置して、島津軍を逃がして命を落とした武人です。

彼が関ヶ原の戦いで命を落としたと思って、目を覚ましたところに出てきたのは謎の世界。

そこで、那須野与一に助けられ、織田信長と合流し、人間に虐げられるエルフを助けるため、たった3人で、多くの軍を退けます。

そして、彼らは、国を盗り・・・みたいな感じです。

出てくるのは日本の歴史上の人物だけでなく、ジャンヌダルクやラスプーチン、サンジェルマン伯爵、ヒトラーも、
敵方の黒幕として、「救世主の玄人」のあの人も登場します。

みどころは、島津豊久のかっこよさですね。

歴史上、それほど有名ではないかもしれませんが、豊久は、最強の侍といっても良い描かれ方をしています。

自分の命をかえりみづ、ただ敵につっこんでいく、
その勢いで、味方を鼓舞する、そんな大将ですね。

関ヶ原では、島津家を逃がすために、殿に位置しましたが、
関ヶ原の前線で戦っていたのなら、どれほどの強さを発揮したのでしょうか?

ちなみに、土方歳三も登場します。

舞台は、関ヶ原ですが、歴史を超えた、新政府軍 VS 新選組とも言えます。

アニメで、これらがどう表現されるか楽しみです。

まとめ

ヘルシングのOVA版については、一度アニメ版がつくられたものの、その出来に納得できず、再度、OVA版を作ったといういわくつきのもの。
20周年版ブルーレイも発売されるなど、かなり出来がいいみたいです。

平野先生の2つのアニメがHuluで見れます。

初回は、2週間の無料体験もできるので、Huluで平野作品を!
Hulu