いきなりネタバレですみません。
ドリフターズの6巻です。

とうとう、廃棄物(エンズ)VS 漂流者 ドリフターズの戦いになります。
黒王軍対、島津豊久を大将として、軍師が信長の関ヶ原の戦いの幕が切って落とされます。

関ヶ原の戦いとは

ドリフターズの関ヶ原の戦いをする前に、史実の関ヶ原の戦いについて書きます。

なんで始まったかは置いておきます。

東軍 徳川家康 対 西軍 石田三成 で始まった関ヶ原の戦い。

ポイントは、小早川秀秋の裏切り、そして、島津豊久の捨てがまりです。

軍勢では上回った西軍、序盤は戦況も有利に進めていましたが、
小早川秀秋が裏切り、西軍の重鎮の一人である大谷吉継(刑部)の軍を攻撃、それが元で戦況は逆転。
東軍が優勢となります。

西軍であった島津隊は、東軍有利の中、戦場で孤立。
島津豊久は、島津家の今後のため伯父の義弘を助けるため、義弘の捨てがまり(身代わり)となって、しんがりをつとめ、戦死を遂げます。

ドリフターズ6巻での関ヶ原の戦い

黒王軍の巨人族、コボルト、ゴブリン、竜騎の大軍に対して、
ドリフターズは、島津豊久を総大賞、織田信長を軍師として、布陣を引きます。

織田信長が大軍に対して、考えた陣形は、ご存じ、あの戦いの陣形。
ドリフターズ側は、那須与一、安倍晴明、そして、エルフ、ドワーフ。

安倍晴明、那須与一らの活躍で、黒王軍に対し、いい感じで戦うドリフターズですが・・・

関ヶ原の例のあれがあり、島津豊久があれになります・・・

ドリフターズ側に感情移入しているものとしては、考えたくない展開ですが、
ただ、男って感じの展開ですね。

迎え撃つエンズ側は、新選組副長土方歳三。

戊辰扇動で、薩摩藩と島津家に因縁のある土方は、豊久を迎えうつ中、思いもよらぬ展開に・・・

そして、そこに現れるのが、時代を違えど、新選組の・・・という感じです。

ドリフターズ6巻の感想

ネタバレにしないように書いているつもりですが、分かる人には分かりますね。

ただ、ネタバレしようが関係なく、島津豊久の男気(おとこぎ)には、ほれぼれします。

どんな苦難におちいっても、こういうメンタリティーの男になりたいものです。

これを読むために、2年以上、ドリフターズの6巻を待っていたという感じです。

この先を知りたいところですが、連載のヤングキングアワーズの11月号に掲載のものまで入っているので、
先はわからず、次巻予告もありません。

作者の平野耕人先生のツイッターを見ても、明らかにフォールアウト76やレッドデッドリデンプションにはまっていて、
PS4せずに続き書けよ!と思いたくなる感じです。

ただ、このクレイジーな感じが平野先生のいいところですね。

ドリフターズの7巻はいつ出るのでしょうか・・・
この調子でいくと、東京オリンピックは超えそうな気がしますね・・・