亜人13巻、最新刊です。
ちょっと間があいたような気もしますが、
読み始めて、ぐいぐい亜人の世界に引き込まれました。
もう少しでクライマックスか!みたいな展開です。

佐藤いわく最終ウェーブ!対する永井圭は、佐藤の倒し方が分かった!
両者の考え方と読み合い、そして、みんなが集まります。

最終ウェーブ「日本を2時間で沈黙させる方法」

自衛隊の入間基地を制圧、首相を人質にとった佐藤は、日本に向けて、メッセージを配信します。
「ここ入間基地を拠点に、この国の統治を目指す」
「2時間で我々はこの国の重要機関を沈黙させる」
「最終ウェーブのスタートを宣言する」
と・・・

この佐藤の生放送を受けて、
メディアや、首相官邸等では、
2時間では到底無理だとの意見が出ます。

しかし、この放送を聞いた主人公の永井圭は、
佐藤の考えていることがわかると・・・

自衛隊の入間基地を制圧した理由は・・・

佐藤の倒し方

永井圭は、同時に佐藤の倒し方を考えます。
死んでも復活する亜人の特性をすべて熟知し、軍人出身で戦闘のプロの佐藤。
単純に、戦っても、負けるだけ・・・

佐藤の最終ウェーブの動きは進みます。

永井圭は、最終ウェーブの動きをあえて止めない戦略を取ります。

そして、仲間が集まる

永井圭が考えた佐藤を倒す戦略に乗り仲間が集まります。
田中、下村、中野、特亜のメンバー
そして、永井の友達の彼も・・・

巻の後半にメンバーが集結するところは、ムネアツです。
特に最後が・・・

亜人13巻の感想

久しぶりの亜人だったので、ストーリーを良く覚えていなかったのですが、
最初から、かなり熱く読めました。

内容的には、次で終わりか・・・とも思える展開です。

亜人対亜人のプレファイナルって感じです!